「ところで、上2万円手元に残ってるんだけど、どっか食べにでも出向く?」
今の、私に傾いておる主人なら私のそういった申し込みを飲んでもらえるだろうという裏付けめいたものがあったが、
「駄目だ。予め私の財なのに何言ってるんだよ。それにな——」
「え?」
主人は何かを言いたみたいに口篭もって要る。そして恥ずかしがりながら、
「その十万円だって、本当は婚姻資金の付け足しにするつもりだったんだよ……」
と打ち明けてきた。
「とってもファッション据え置きたがるよね、紳士って。そんなの半年ぐらい共稼ぎすれば直ちにたまるのに」
私は気丈に振る舞ったが、主人の肩にかぶりを振ろうとした。が、主人は途端に丈を向けてしゃがみ込んでしまったので私はつんのめって転びそうになった。
「それにしても、買物かしこいよな、女房って。しみじみ感心するわ」
そのままの体勢で、主人はシャッター尖端からリビングにかけて所狭しとびっしり並んでいる靴箱やらスーツ、仕事に関する品などをしっかり眺めながらひと頻り感心していた。ミュゼ 足

居、食、住が無料だということでたくさんのお相撲さんをスカウトしてきた歴史というのがかつてありました。当時はまだ日本全体がそれほど裕福ではなかったので、魅力的だったのでしょう。現在でもそういう風潮はあるのかもしれませんが、むしろ真剣に相撲をやりたいという方の方が多いような気がします。
それにしても2カ月に7日か15日間場所というのものがありますし、その合間にも稽古のほかに巡業などがあって結構大変だなあと思います。怪我が十分に治っていないのにも関わらず、番付が落ちるという理由で強行出場する力士もたくさんいます。見ていてなんとも痛々しかったりして、けして楽な世界ではないなあと思います。
最近では食べてすぐに寝るというパターンではなく、トレーニング重視になっているそうでよりアスリートのような体作りになっているのかもしれません。怪我のことも含めて、体重があればそれだけ有利、ということではどうやらなさそうです。http://www.kazuya-aomori.com/