まぶたがくすんでしまい、アイメイクが綺麗に決まらない

どことなく表情が暗く見える、モデルさんはあんなに綺麗に色味が出ているのに、私がつけるとアイシャドウがくすんで見える。
そんな目元のくすみ、嫌ですよね。
アイメイクの落とし残しや、まぶたの色素沈着、目元の血行不良なども原因として考えられますが、アイカラーの発色にも影響が出てしまう、かなり厄介な存在でもあるんです。
そんな厄介なまぶたのためにあるのが、アイベースというメイクアイテムなんです。
動きが多く、皮膚の薄い目元をきれいにカバーして、発色が驚くほど良くなります。
また、淡いピンクベージュ系のアイカラーをベースに敷いてあげるのもいいですね。
ではなぜピンクかというと、グレーがかっているくすみが明るくカバーされるからなんです。
素敵ですよね。
この色の力というものをうまく活用すると、お肌全体の透明感も高まるので、いいと思いますよ。
目元のベースの厚みにムラが出てしまうのはヨレの原因になるので、薄くつけるのもポイントなんです。子供 視力回復トレーニング